男と男 課金なしの出会い系

筆者「まずは、それぞれ出会い系サイトにのめり込んだわけを順々に話してください。
メンバーを紹介すると、高校をやめてからというもの、五年の間、ほぼ自宅から出ていないA、あくせく働くことには興味のないものの苦労しているB、小さなプロダクションでレッスンを受講して、ゆくゆくはアクション俳優になるというC、出会い系サイトなら全部試した名乗る、フリーターのD、ほかにも、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
5人とも二十代はじめです。
A(普段は自室から出ない)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、ネットを使っていたら、すごくルックスのいい子がいて、向こうからメールもらったんですよ。それから、あるサイトにユーザー登録したら、課金なしの出会い系直メしていいからって言われたのでID取ったんです。その後は連絡がつかなくなっちゃいました。言うても、他にも何人かやり取りしたので」
B(転売に挑戦中)「最初の方はやっぱり自分もメールの送受信を繰り返してました。ルックスがすごくよくて、課金なしの出会い系タイプだったんです。もっと話したいから会員になって、そのサイトについては、サクラが多いってひょうばんだったんですが、なかにはちゃんと女性ユーザーもいたので、特に変化もなく使い続けています。

1万円で作る素敵男と男 課金なしの出会い系

C(アクション俳優を目指す)「私なんですが、いろんな役になりきれるようID取得しました。出会い系サイトからないと生きていけないような役に当たってそれで自分でもハマりました」
課金なしの出会い系D(アルバイト)「僕の場合、友人でハマっている人がいて、話を聞いているうちにいつの間にか
そうして、5人目のEさん。
この人なんですが、他の方と大分違っているので、端的に言って蚊帳の外でしたね。
出会い応援サイトを使用している中高年や若者にお話を伺うと、大方全員が、人恋しいと言うそれだけの理由で、ごく短期間の関係さえ築ければ構わないと言う捉え方で出会い系サイトを使用しています。
要は、キャバクラに行くお金を払うのが嫌で、風俗にかける料金もケチりたいから、料金が必要ない出会い系サイトで、「釣れた」女性で手ごろな価格で済ませよう、と考え付く男性が出会い系サイトのユーザーになっているのです。

男と男 課金なしの出会い系を極めるためのウェブサイト9個

その傍ら、「女子」側では全然違う考え方を包み隠しています。
「どんな男性でもいいから、何でもしてくれる人を彼氏にしたい。出会い系をやっているおじさんは100%モテない人だから、女子力不足の自分でも手のひらで踊らせるようになると思う…もしかしたら、カッコいい人がいるかも、デブは無理だけど、顔次第では会いたいな。女性の半数以上がこのように考えています。
簡潔に言うと、女性は男性のルックスかお金が目当てですし、男性は「チープな女性」をねらい目として出会い系サイトを使いまくっているのです。
男と男どちらとも、ただ安価にお買い物がしたくて出会いを要求しているようなものです。
最終的に、出会い系サイトにはまっていくほどに、男達は女を「売り物」として捉えるようになり男と男、女性も自らを「品物」として扱うように変容してしまうのです。
出会い系サイトの使用者の主張というのは、女性を確実にヒトではなく「物質」にしていく類のアブノーマルな「考え方」なのです。
男と男質問者「もしかすると、芸能界で売れたいと思っている人って課金なしの出会い系、サクラでの収入に頼っている人が少なくないのでしょうか?」
課金なしの出会い系E(とある芸能人)「そうだと思われます。サクラでお金を手に入れるって、シフト結構融通が利くし、私たしみたいな、急にお呼びがかかるような職業の人種には正に求めているものなんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし、経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「なかなかできない経験になるよね、女性のキャラクターとして接するのは易しいことじゃないけど僕らは男目線だから、自分が言われたいことを向こうに投げかけてやればいい訳だし課金なしの出会い系、男性の気持ちがわかるわけだから、男性も簡単に食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ働き手)「予想に反して、女でサクラの人は男性客の心がわかってないからぶっちゃけ下手くそっすよね」
筆者「女のサクラより、男性サクラの方が秀でているのですか?」
D(芸能関係者)「そうとも言えますね。優れた成績を残しているのは大体男性です。ところがどっこい、僕は女の役を作るのが下手っぴなんで、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(とある人気芸人)「言うまでもなく、正直者が馬鹿をみる世の中ですね…。女になりきるのが大変で…俺なんかも苦労してます」
筆者「女性の人格を演技するのも、色々と大変なんですね…」
女性キャラクター役の成りきり方についての話で盛り上がる彼ら。
話の途中で、ある発言をきっかけに、アーティストを名乗るCさんに好奇心が集まったのです。
サイト内の怪しい人物を何者かが観察をしている課金なしの出会い系、そんな半信半疑な書き込みを誰から教えてもらった人も、この記事を見ている人ならあるかもしれません。
根本的に、出会い系サイト云々以前に、いろんな掲示板やサイトでは、暗殺のような申し入れ、覚せい剤の取引、女子高生を狙う悪質行為、そういったことが行われているサイトが、多数目撃されているわけです。
こんな卑劣行為が許されることなど、あまりに不公平ですし、これらの事案だけに限らず極刑に問われる可能性もあるのです。
書き込み者の情報をパソコンのIPアドレスなどから、その後開示請求をすることで男と男、いとも容易く犯人を見つけ、捕まえることができるのです。
何だか怖いと問題が気になる人も結構多いかもしれませんが、善良な人の情報は個人情報を最優先に考え、範囲を超えるような捜査はしないように気を配りながら、治安維持に努めているのです。
世の大人たちは、男と男以前にも増して平和神話も崩壊した、これからの未来が不安だと悲しんでいるようですが、多くの人たちの協力で悪質な犯罪はピーク時よりも大幅に減り、幼い子たちが犠牲になる事件も一昔前の方がたくさんいたと言われているのです。
出会い系サイトを良くするためにも、いつ何時でも、サイバーパトロールに安全強化に努めているのです。
また、さらなる犯罪者の特定が努めるでしょうし、ネット内での法律違反は少なくなるであろうと論じられているのです。