ポチャリ ただ電話 出会いエロ

お昼に質問したのはただ電話、言わば、以前からステマの契約社員をしていない五人の男子学生!
ただ電話駆けつけたのは、メンキャバを辞めたAさん、男子学生のBさん出会いエロ、売れないアーティストのCさん、タレント事務所に所属してるというDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に、出会いエロ着手したキッカケからうかがっていきましょう。Aさんは後ほどお願いします」
A(昼キャバ勤務)「私は、女性心理が分からなくて始め方がわかりませんでした」
B(普通の大学生)「僕は、ボロ儲けできなくてもいいと思いながら始めましたね」

ポチャリ ただ電話 出会いエロはすでに死んでいる

C(シンガー)「俺様は、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ新米なんでいっこうに稼げないんですよ。売れる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのは不本意ですが、こういう仕事をやって、一旦アンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
ポチャリD(タレント事務所所属)「自分は、○○って芸能プロダクションに所属してピアニストを目指しつつあるんですが、一度の舞台で500円ぽっちしか入らないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトをやろうと考えました」
E(コント芸人)「実を言えば、ポチャリ私もDさんと似たような状況で、1回のコントでもらえて数百円の楽しい生活してるんです。先輩に教えて貰って、ゲリラマーケティングの仕事を開始しました」
ポチャリ大したことではないが、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に所属しているという退屈なメンバーでした…出会いエロ、ところが話を聞いてみるとどうも、彼らにはサクラ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。
筆者「ではポチャリ、各々出会い系サイトに異性と交流するようになったのはなぜか、順番に言ってください」

今時ポチャリ ただ電話 出会いエロを信じている奴はアホ

ポチャリ集まってくれたのは、高校をやめてからというもの、五年間自宅にこもってきたA、ただ電話サイドビジネスで暮らそうとあがいているBポチャリ、規模の大きくない芸能事務所で指導を受けつつ、アクション俳優志望のC、すべての出会い系サイトを網羅すると自慢げな、ティッシュ配りをしているD、五人目は、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
そろって二十代はじめです。
ただ電話A(普段は自室から出ない)「今は自宅警備中なんですが、ネットをしていたらすごいタイプの子を見つけて向こうからコンタクトが来て、ポチャリその次に、ただ電話あるサイトにユーザー登録したら、直接連絡取る方法教えるってことだったので、ID取ったんです。それからは直メもできなくなったんです。けど、他にも何人か出会いはあったので」
ポチャリB(転売に挑戦中)「登録してあんまり時間がたってない時期はポチャリ、自分もメールのやり取り中心で。モデル並みにきれいで一目ぼれしました。親しくなりたいと思って、アカウントゲットしました。そのサイトもサクラの多さで有名だったんだけど、そこまで問題なくてそのままちゃんと利用しています。
C(俳優志望)「自分なんかは、いろんな役になりきれるようアカウントを取りました。出会い系サイトを利用するうちにさんざん悪用する役をもらって、ポチャリ私も浸っています。
ただ電話ティッシュ配りD「僕の体験ですが、友人で早くから使っていた人がいて、関係で登録したってところです」
極めつけはポチャリ、5人目のEさん。
この方に関しては、ニューハーフなので、率直なところ蚊帳の外でしたね。
筆者「ひょっとして、芸能人の世界で下積み中の人って、サクラを収入としている人が多数いるのでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうだと聞いています。サクラの役って、シフト結構融通が利くし、私たちのような、急に仕事が任されるようなタイプの人種には適職と言えるんですよ。予測不能の空き時間にできるし、人生経験の一つになるし…」
C(某現役アーティスト)「経験の一つになるよね、女性として接するのは難しいけど自分たちは男性だから、自分が言われたいことを相手に伝えればいい訳だし、男の心理をわかっているから、相手もやすやすと食いついてくるんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「意外に、女の子でサクラをやっている人はサクラは男性客の心がわかってないから正直言って下手っすよね」
筆者「女のサクラより、男のサクラが秀でた結果を残しているのですか?」
ただ電話D(芸能に事務所所属の一人)「えぇ、そうですね。優れた結果を残しているのは大体男性です。といっても、僕は女のキャラクターを演じるのが下手っぴなんで、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(某有名芸人)「言うまでもなく、不正直者が成功するワールドですね…。女になりきるのが大変で…僕らも苦労してます」
筆者「女性の役を作っていくのも、想像以上に苦労するんですね…」
女性ユーザーの作り方に関しての話で盛り上がる彼女ら。
その途中で、あるコメントを皮切りに、自称アーティストだというCさんに興味が集まりました。
D(ホステスとして働く)「ブランドのカバンとかねだったらいいでしょ?わたしってば何人かまとめて同じ誕生日プレゼントもらって自分のとあとは質屋に流す」
筆者「本当に?せっかくもらったのにそんなことになっていたなんて」
D(キャバクラで稼ぐ)「それでもふつうオークションだしますよ。床置きしてもしょうがないし、流行遅れにならないうちに置いておいてもバッグも幸せかなって…」
E(十代ただ電話、学生)すみませんが、Dさん同様、私も売っちゃいますね」
出会いエロC(銀座のサロンで受付をしている)コミュニティを通じてそんなことが起きていたんですね…私はまだまだプレゼントを売ったりとかはないです」
筆者「Cさんの話を聞きましょう。出会い系サイトのなかにはどういう異性と見かけましたか?
C「プレゼントをくれる相手には巡り合ってないです。共通してるのは、写真とは違うイメージで単にヤリたいだけでした。わたしについては、出会い系サイトについてはお付き合いがしたくて待ち合わせしたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「出会い系サイト上でどういった異性と知り合いたいんですか?
C「一番の理想は、言われそうですけど、ポチャリ医者とか弁護士の方とか国立大在学中の将来も有望な人がタイプです。
出会いエロE(国立大に在籍中)わたしはですね、今は国立大にいますが、出会い系サイトを見ていても同じ大学の人もいておどろきます。ただし、恋愛対象ではないですね。」
出会い系サイトの特色としてオタクを嫌う女性がどういうわけか少なからずいるようです。
サブカルチャーに親しんでいるようにかの日本でも、ただ電話まだ個人の好みとして市民権を得る段階にはもののようです。